『ポケモン剣盾』色違いエモンガ1匹でゆく剣盾ストーリー:その6
「熱戦!パンクガールを討て!」

ポケモン剣盾Nintendo Switch, エモンガがゆく!

連載タグ

第二鉱山でビートとの戦いを制し、ジムチャレンジの開催される「エンジンシティ」へ到着したのが前回まで。

ジムチャレンジ前夜にホテル「スボミーイン」に泊まろうとすると、そこにはマリィが。
ビートと同じく剣盾におけるライバルトレーナーの1人で、パンクな方言ガール

何か知らないが勝負を挑まれる事に。こちらは先程ビートと激闘を繰り広げてきたばかり。もういいよ…、今日は休ませてくれ…

というわけにもいかず、半ば強制的にバトルに発展。
そこまで言うなら受けて立つ!泣いて帰っても知らないからな!

【縛りルール】
1.使えるポケモンはエモンガ1匹のみ
2.戦闘ではポケモンの「もちもの」以外のアイテム使用禁止
3.親トレーナーは違うID(バッジによるレベル制限あり)
4.極力レベル上げには頼らない

初対戦!vsマリィ!

マリィとはこれが初対戦となる。
彼女の手持ちは3匹。よかった!ビートより1匹少ない!

VSグレッグル

1匹目はグレッグル。「どく」「かくとう」の複合タイプ。

あまぐり:アクロバット→撃破
(あまぐり残りHP 67/67)

効果抜群の取れる「ひこう」わざ『アクロバット』で撃破!

VSズルッグ

2匹目のズルッグも「かくとう」「あく」の複合タイプなので、

あまぐり:アクロバット
ズルッグ:ずつき
あまぐり:アクロバット→撃破
(あまぐり残りHP 58/67)

『アクロバット』が効果抜群!問題なく撃破!

VSモルペコ

最後のポケモンは、彼女がいつも連れ歩いているモルペコ。「でんき」「あく」の複合タイプ。

あまぐり:エナジーボール
モルペコ:かみつく
(あまぐり残りHP 33/69)

モルペコの種族値は400前後。エモンガとほぼ同格の相手と言っていい。
物理攻撃面はモルペコに分があるものの、お互い相手を倒すのにだいたい3発ほど。

あまぐり:エナジーボール
モルペコ:かみつく
(あまぐり残りHP 9/69)

落とすまでにかかるターン数が同じなら、素早さの高いエモンガに勝機あり!
最終ターンはお互い残りHPわずかな状況だが、エモンガ先攻で撃破できるはず!もらった!

えっ!?

ちょっ…待っ…!

モルペコ:でんこうせっか→敗北

……

こちらのわずかな残りHPを察知して、先制わざ『でんこうせっか』でとどめを刺されてしまった…。なるほど…。お前、頭いいな…

だが!それならこっちも『でんこうせっか』を用意して行けばいいだけの事!
目には目を!『でんこうせっか』には『でんこうせっか』!

再び勝負を挑み、先程とほぼ同じ状況に。
ただ1つ大きく違う点はこちらも『でんこうせっか』を所持している事。
お互い『でんこうせっか』なら、今度こそ素早いエモンガが先攻できる!これで終わりだ!

いや、回復するんかーい!
読まれてる!完全に思考を読まれてるよ!頭よすぎだろ!

結局、「いいキズぐすり」のせいで一手足りず。また負けてしまった…。こっちが泣いて帰りたい…

普通に強くない?

あれ?マリィ普通に強くない?
というわけでモルペコを撃破するための方法を模索。

まずは『でんこうせっか対策
たぶんこれは、こちらの残りHPが『でんこうせっかで落とされるラインに達している事が使ってくる条件。HPバー赤色がだいたいの目安と思う。

これには単純に、モルペコまで到達した時、HPをフルで残しておく事で対応してみよう。
先程のバトルではエモンガに「たべのこし」を持たせていたので、何も持たせないに変更。

『アクロバット』は「もちもの」を持っていない状態だと威力が2倍になる。
これで2ターンかかっていたズルッグ戦をノーダメージで突破でき、HPフルでモルペコまで到達できるはず。

問題は「いいキズぐすり」か…。
いくら『でんこうせっか』の対策をしたところで回復されていては、どうしても1回多く攻撃されてしまうわけで…。これをなんとかしないと勝てない。

マリィのポケモンたちはビートとは打って変わって物理攻撃がメイン。現在、エモンガに物理ダメージの軽減手段はないので真っ向勝負になる。

単純にこちらの火力を上げるなら、効果抜群のわざを用意する事だが、モルペコの弱点は「じめん」「むし」「かくとう」「フェアリー」。覚えられるわざなんもねぇ…

となると、攻撃の威力を瞬間的に上げる「溜め」は?
でも、モルペコには「でんき」わざが威力半減なので、ビート戦で使ったじゅうでんも通用しないしなぁ。どうしたものか…。

相手に状態異常や状態変化を与える「変化わざ」はどうだろう?

今のところエモンガが覚えられるのは『でんじは』と『メロメロ』。前者はモルペコ相手に効果なしなので使えないけど『メロメロ』は?

幸いこちらの性別はオス、モルペコはメスなので使えるっちゃ使えるけど…。どうなんだ…?

計算してみよう。

「いいキズぐすり」で全快される事を踏まえると、撃破までにかかる攻撃ターン数は5回。『メロメロ』使用ターンで+1。計6ターン必要。

ここから、マリィの「いいキズぐすり」使用ターンで-1。最終ターンはエモンガ先行で撃破、とすれば更に-1。つまり、4ターン凌げば勝てるという事になる。

4ターン中、攻撃を耐えられるのは2回まで。なので、2回以上メロメロの効果が発揮されれば良い。
『メロメロ』の効果は50%で行動不能。効果は永続。50%は2分の1だから、計算式は

(4C2+4C3+4C4)×(1/2)^4 = 0.6875

成功確率68パーセント!意外と高い!
なくはない戦法かも…。しかし運任せというのもアレだし、なにか他に策は…。

その後、リセットを繰り返しながら何度か戦いマリィの行動を研究。関係ないけど、マリィ戦の音楽めちゃくちゃ良いですね。

そして突破口となる事実を発見する。
あっ、そういう事!?深く考えすぎてた!この戦い、もっと単純で良かったのだ!

そんな事実をもとに編み出した作戦がこれだ!

「そもそもアイテム使わせなければいいじゃない!回復なんかさせないぞ!」作戦!
長いわ!

この作戦を説明しよう。
どうやら敵トレーナーが回復アイテムを使用するには条件があるようだ。それはポケモンのHPが一定のラインを下回る事で、だいたい残り4分の1ぐらい。

正確には必ず使ってくるというわけではなく、使わない条件もあるっぽいけど詳しくはわからない。
しかし要は使う条件を満たさないよう、相手のHPを調整し、一気にとどめを刺せばいいのだ。

この結論を得るために、1匹目のグレッグルをひたすら殴り続け検証した。彼は犠牲になった。

パンクガールを討て!

3度目の挑戦!
いくぞマリィ!

予定通りエモンガの「もちもの」は非所持。
唯一の懸念点はグレッグルが『ふいうち』で先制してくる事だが、あんまり出してくるわざではないのでたぶん大丈夫…。

VSグレッグル
あまぐり:アクロバット→撃破
(あまぐり残りHP 67/67)

よし!エモンガ先攻!
『アクロバット』で瞬殺!

VSズルッグ
あまぐり:アクロバット→撃破
(あまぐり残りHP 67/67)

続くズルッグにも『アクロバット』!ノーダメージで突破!

VSモルペコ
あまぐり:エナジーボール
モルペコ:かみつく
(あまぐり残りHP 41/69)

HPフルでモルペコまで到達!
今までは最もダメージの通る『エナジーボール』のみで攻撃していたが、

あまぐり:アクロバット
モルペコ:かみつく
(あまぐり残りHP 14/69)

あえて効果いまひとつの『アクロバット』を1度挟み、モルペコの残りHPを調整!

そしてHPフルスタートのため、こちらのHPバーは黄色!どうだ!?

『でんこうせっか』『いいキズぐすり』共に否定!
エモンガ先攻!

とどめの『エナジーボール』をくらえ!!

あまぐり:エナジーボール→撃破

「いいキズぐすり」を使わせずに撃破!!

なんとかマリィ戦も突破!!
エモンガの残りHPは14。あと1回攻撃されたら終わりのギリギリ感。だがそれがいい。

この相手の残りHPを調整して回復させない戦い方は今後も役に立ちそう。それと『メロメロ』が意外と使えそうという事もわかった。多少、運任せになってしまうけど、いざという時のために覚えておこう。

それにしても、同格のポケモンが1匹混ざっただけでこの苦戦っぷり…。
この先、大丈夫かエモンガ1匹縛り!不安を抱えながら、次はいよいよ炎のジムチャレンジ!

10